2013年2月11日月曜日

ハゲタカの鷲津政彦に憧れて



かつてサラリーマンを中心に異様な人気を博したNHKのドラマ「ハゲタカ」の主人公、鷲津政彦という人物がいる。詳細は省くが、この鷲津政彦を演じる大森南朋が奇跡のハマり役で、世界で一番カッコいいサラリーマンとは間違いなくこの人だと断言でき、僕のような多くの凡人サラリーマンが鷲津に魅せられた。(映画ハゲタカに出てきた劉一華役の玉山鉄二もカッコいいのだけれど、彼は元がイケメンなんで・・・)

そんな鷲津に憧れて、今更ながらついに買ってしまった。

鷲津が映画「ハゲタカ」で付けていた腕時計、SEIKOの「キネティック Premier SNP003P1」である。(正式には鷲津が映画で付けていたのはSEIKOのInternational CollectionのSCJV001であるが、もう廃盤であることに加え、SNP003P1は実質的に同じ時計らしいので、これにした)

ひょっとしたら、僕と同じように鷲津と同じ時計を買いたいと思っている人が、まだいるかも知れないので、参考までにいいところと悪いところを書いておきたい。

<良いところ>
・デザインがスタイリッシュ
・キネティックという自動巻きシステム
・24時間時計と月時計がクロノグラフっぽく見える
時計を見るたびに、鷲津を感じる

<良くないところ>
・蛍光表示すらないので、暗いところでは全く見えない
・24時間時計と月時計と時針が同じ銀色なので、被ると時間が分かりづらい
・クロノグラフっぽいけど、当然クロノグラフではない


なお、映画ではなくドラマで鷲津が付けていた時計はモンブランの50万円くらいする本物なので、本当に投資銀行とかファンドで働いている人以外は、なかなか買えないであろう。



たかが4,5万円程度の腕時計であるが、これ一つで今日も頑張って働こうと思えるのでれば、決して無駄な買い物ではないのではないだろうか。僕はそう信じている。

<追記>
時計以外の鷲津アイテムも判明したので、メモとして掲載しておく。いつか買い集めたい。

鷲津政彦

・メガネ:STARCK EYES(スタルクアイズ)SH0001-0003
※先日、alain mikli(アランミクリ)の店員に聞いたところ、この鷲津の使用モデルSH0001-0003のスタルクアイズは既に生産を終了しているとのこと。
・スーツ:HUGO BOSS(ヒューゴ ボス)
・万年筆:SHEAFFER (シェーファー) 万年筆 VLR ゴールドトリム M中字 VLR9350PNXM
・ペン:SHEAFFER(シェーファー) VLR ゴールドトリム BP ボールペン vlr9350bp
・革靴:SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)ストレートチップ オデッサ 916BL
・スーツケース:RIMOWA(リモワ) Salsa 871.77 87177 Multiwheel(Black) 104L

これさえ揃えれば、あなたもWashizu Fundの仲間入り!?

<関連エントリー>
土曜ドラマ「ハゲタカ」のDVD
ハゲタカ アルバート・クラリスのセリフ
「ハゲタカ」と「マグマ」はリンクしていた



このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿