2011年7月31日日曜日

庶務課への異動

前回のエントリーで触れたとおり、最近「法務課」から「庶務課」へと異動した。実は昨年、これまで下部組織のなかった管理部が総務部に改称され、庶務・法務・人事の下部組織が新設、僕は「法務課」配属となった。といっても、単純に部の下にいくつか課が新設されただけなので、仕事は実質的に何も変わらなかった。

が、それが先月突然、「庶務課」へと異動する内示が出た。庶務課とは法律・株式関係を扱う法務課と採用・労務関係を扱う人事課に当てはまらない、いわゆる「雑用業務」を行う部署で、人事課と兼務している部長以外は全員女性という部署だ。そこに専用の男性も必要だというよくわからない理由で僕の配属が決まった。

問題なのは、担当業務が大きく変わったことだ。これまではIRや行政機関への手続きが主な仕事だった。また訴訟対応やM&Aも対応してきたが、今後は一切それがなくなる。変わって仕事として割り当てられたのは、以下のような業務だ。

・役員のスケジュール管理(ホテル等の予約含む)
・社内誌作成とHPの管理
・オフィスレイアウト関係の調整
・社内イベントの司会
・郵便物の管理
・お歳暮などの贈り物管理
・その他、関連する一切の業務

上司からは「これからは社内IRを頑張ってくれたまえ」などと言われたが、要するに雑用がメインの仕事になる。大体、部署内の人員構成は僕以外が一般職の女性ってどういうことよ。

「社内IRって、IRの意味分かってんのか。アホかてめぇ」

と上司に言い出しそうになったが、グッと堪えたのは言うまでもない。ちなみにその上司も今では上司ではない。

それ以降、一人でいろいろと考えてきた。これは、単なる嫌がらせではないだろうか。俗にいう窓際族じゃないのか。確かに仕事は今までと比べて仕事は楽だが(あまり頭を使わないので)、僕はこの仕事を通じて何を成長していけるのだろうか。大体、この程度の中小企業でこういった扱いをされるとは、僕は使い物にならないカス社員じゃないのか。これまでの高い査定評価は全て嘘だったんだな。同期で最速で主任に出世したのも、何かの間違いだったんだろう。怒りを通り越して自分が情けなくなってきた。

そうだ、今こそ転職しよう。

というわけで、第二次転職活動をスタートすることに決定した。もっと、自分が成長できる環境で仕事がしたいのだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年7月25日月曜日

TOEICを受けてきた。

みなさまご無沙汰しています。

全くこのブログを更新していなかったけれど、TOEICの勉強はぼちぼち継続していて、本日公式テストを受験してきた。手応えは・・・おそらく900点はない。あって800点台後半だろう。
ListeningはPart3の前半で混乱してしまって適当にマークしてしまったのが勿体なかったが、他は実力相応に解けたと思う。
Readingは199番まで解いてタイムアップ。最後のダブルパッセージに到達した時点で残り6分。冷静に解けば十分な時間だったのに、焦って解けなかった。

いずれにせよ、僕の夏のTOEIC受験は終了した。ブログもほとんど更新せず、我ながらよく勉強したと思うが、6月6日に立てた勉強計画は10分の1も終了しなかった。2ヵ月で終えるには少し量が多すぎたかな。
結局下記の問題集のみ実施して本番を迎えた。

はじめての新TOEICテスト 本番模試(「第1回」)
DUO 3.0
TOEICテスト650点突破!文法講義の実況中継
はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
TOEICテスト新公式問題集(1のみ)
極めろ!リーディング解答力 TOEIC TEST Part 5 & 6

特に公式問題集の解き直しが、思った以上に時間がかかった。あと、DUOは全文音読していったのだが、これも想定外に時間を取られた(コンプリートしたのは数日前)。あまり役にも立たないと思うけれど、普通に会社で働いている独身者が2ヵ月で勉強できる分量はこの程度だと参考にしてもらいたい。

****閑話休題****

さて、ブログの更新をストップしている間に、僕にとって結構大きなイベントがあったので報告しておきたい。それは・・・異動だ。

法務課から庶務課へ異動した。

この件については、また後日気が向けば書いてみたい。とりあえず、今日は疲れたので、寝る。

このエントリーをはてなブックマークに追加