2007年12月20日木曜日

残業代はもらえますか

2007年12月20日



僕の勤務する会社では、勤務時間、残業時間を自己裁量でつけるのだが、これがなかなか厄介なのだ。「自己裁量ということは好きなだけ残業付けられる!」と思うのは間違いで、逆に残業をつけにくかったりする。

配属されてから、上司に残業について言われたのは

「働いたと思ったら、残業付けてもいいよ」

とのこと。

働いたと思ったら…って働いているに決まっているでしょう、とその時は思ったのだが、実際に営業時間の定刻を過ぎると、そんなに仕事があるわけでもないのに帰りにくい雰囲気になっていたりするのだ。

それから、僕の法務という仕事は、法律の知識を駆使しながら(というか知識なしでは全くできない)の仕事なので、専門書で勉強することが必須となる。そして、この勉強は当然定時後にもしなければならないのだが、これって働いているうちに入るのか、という疑問が沸いてきた。

更に、僕は様々なセミナーに「勉強」として参加させられているが、これは「受講レポート」としてセミナーのまとめをしなければならない。これは「仕事」といえるのか…。

そんなことを考えているうちに、もう面倒になって残業は付けないということにした。僕は年収300万以下だが、ホワイトカラーエグゼプションを導入ということだ。ほとんど定時ジャストに出社・退社する受付の女性社員より、毎朝定時より1時間以上早く出社して、退社が22時を過ぎる僕の方が、残業時間は少ないのは、なんとなく納得がいかないが、まぁ良しとしよう。

それにしても、今年度はまだ1回も有給休暇を取っていない。そろそろ取るべきか…。



このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿