2015年11月6日金曜日

2016年5月からTOEICが変わるようです

タイトルの通り、TOEICテストの出題形式が少し変わるようだ。


TOEICプレスリリース(2015年11月5日):ETSは、TOEIC®テストの出題形式を2016年5月に変更します


詳細は上記リンクを見てもらえばよいが(サンプル問題も閲覧可能)、パートが一つ消失するような思い切った変更ではないものの、リスニングパートでは、より会話が重視に、リーディングパートでは、より長文が重視になることで、従来より実践的な英語力が求められていると言えそうだ。

中でも大きな変更だと思ったのがリスニングの会話問題において3名の会話の問題が出題されるということ。僕は英検1級の1次試験で経験済みだが(受けただけ)、これはなかなか難しいものがあって苦しむ人が多いと思う。男性A→女性B→男性B→男性A・・・となったりするのだが、同性の声は聴き分けにくいのだ。

とりあえず、いきなり年明けから新テストがスタートするというわけではなく、来年2016年の5月からということなので、これまでTOEICの勉強を頑張ってきた人は、この1月から4月のテストで頑張るべきだろう。但し、TOEIC専用の問題集は、しばらくは買わず、これまでの本に取り組む方が得策だと思われる。

「TOEIC○○回連続満点」という肩書のTOEIC講師をインターネットの広告でよく見かけるが、彼らは新テストでも満点を継続できるのか、ちょっとだけ見物である。

とりあえず、今は目前のテストに全力を尽くすだけだ。





このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿