2009年4月28日火曜日

会社法に興味

会社法関係の記事に対して名無しの方からコメントをいただいた。どうも有難うございます。

この方も英語を勉強されているようだったが、コメントで最も気になったのはそこではなく、次の文章。

>会社法など全く知らないことも少しは興味を持つようになったのはあなたのブログのおかげです。いつも読ませてもらってありがとうございます。

…。喜んでいいのか分からないが、僕のまとめている会社法は自分のためのメモとして残しているだけであって信憑性は薄い。こんな内容で「興味を持つように」なってもらうと、なんだか気まずい気持ちになる。

というわけで、今回は以下に会社法に関するおすすめのブログ等のサイトを僕の独断と偏見で紹介したい。

会社法であそぼ。
これは、法務担当者はもちろん司法試験等の受験生も見ている最も有名な会社法のブログではなかろうか。執筆者は会社法の立法担当官なので内容に間違いはない。

ビジネス法務の部屋
こちらは有名な山口弁護士が執筆しているブログで、会社法というより企業法務全般の時事問題についてわかりやすく解説されている。

東京証券代行株式会社
ここはブログではないが、超有名な中村弁護士のコラム「会社法解説シリーズ」が読める。中村弁護士の語りは非情にわかりやすい。たまにしか更新されないのが残念。

大和総研「法律・制度レポート」
ここのサイトの「商法のすべて」のレポートは無料にもかかわらずかなり質が高く、その上わかりやすい。ただし、最近ではレポートが無料で提供されなくなったようで残念だ。

以下はおすすめの書籍

相澤 哲,郡谷 大輔,葉玉 匡美
Amazonランキング:82604位











立法担当官が法律実務者のために書いた会社法の解説書。会社法の疑問にぶち当たった時は、ほぼこの本で解決する。











上でも紹介した中村弁護士が執筆した会社法の解説書。経済学をかじっている人が会社法を理解するのには最適な本だと思う。

と、こんなところだろうか。もし、会社法のキーワードでこのブログにたどり着いた方がいれば、上記のサイトで勉強して下さい。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年4月26日日曜日

ドラゴン桜17巻の問題

ドラゴン桜の17巻読んだのだが、その中で気になった問題が一つ。

 

・ 密閉された容器のなかに蝶がいて、容器の底に止まっている。

・ 容器は秤にかけられている。

・ 蝶が飛び上がったら秤の指す重量は変化するか。


 

まぁ答えは「変化しない」らしいのだが、文系の僕にはさっぱりわからない。さらに、容器が密閉されていなかったらどうなるのかと考えたら、わけが分からなくなってきた。

そこで、僕の優秀な理系友人たちに聞いてみることにした。皆さん、経歴は立派なのだが、回答がバラバラで、逆にそれが面白かったので経歴と共に回答を掲載しておく。

 

①北海道大学医学部を卒業して現在医者の卵のAくん

これは質量保存の法則です。ビンを密閉して化学物質を反応させると、反応後も同じ重さなのです。つまりビンの中に入っている原子の数、種類に変化がないことを示しています。では蝶を入れたビンが空いていたら?これも先程と同じに考えます。化学物質が反応前に固体で、反応したら揮発性のガスになれば…もうわかりましたね。

さすが、医学部卒というか、返信が最も早かった。彼によると、質量保存の法則らしい。

 

②大阪大学大学院(基礎工学研究科)在学中のBくん

重さが変わらないのは、それは空気にも重さがあるから。実際に、人間が感じることはないが、天気予報でよく聞く言葉に気圧というのがある。(1,000ヘクトパスカルで1c㎡あたり1Kg。) 密閉された容器では蝶が飛べば中の空気は上に押さるが、その分はかりにかかる空気の圧力により重さが一定になる。

何だが、難しいことを言っているが、圧力が関係していると。

 

③神戸大学大学院(理学研究科)を卒業して現在NTTデータで働いているのCくん

まず、体重計にどんな体勢で乗っても重さは変わらない。つまり、瓶の中で蝶が飛んでも飛ばなくても空気を介して瓶に触れていて、かつ密閉されて空気が逃げないから重さが変わらない。密閉されてなければ重さは変化する。

空気を介して瓶に触れているのか。そうか。

 

④東京工業大学大学院(基礎物理学専攻)在学のDくん

変化しないのは、水槽の中の魚が底ではいつくばっているのと、泳いでいるのと同じ理由である。密封してない容器から虫が飛び立ったら、箱の中のみかんを持ち上げることと同じで 変化する。

水槽とみかん箱を比較している時点で少しおかしいような気がするが…。


さて、この中に答えがあるのか。それとも全部違うのか。誰か分かったら教えて下さい。

<追記>

遅れて東京大学大学院(数理科学研究科)に進学している後輩(出身大学は東大ではない)にも同じ質問してみたので、彼の回答を載せておく。おそらく彼の回答が最も的を射ているような気がする。

容器が密閉されているので質量保存の法則から説明できる。もっと詳しく言うと、鳥が空中に浮いているということは、鳥にかかっている力は0g重。なので、鳥は羽ばたくことで飛んでいるわけだが、同時に空気を下に自身の重さ分の力でたたきつけていることになる。このたたきつけられた空気による重さが秤に加わるので、結果変わらないということになる。また、容器を密閉しなくても、飛んでいる鳥の真上から当てた光の影が秤の皿の中にあれば、重さはほとんど変わらないはず。




このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年4月22日水曜日

中小会社の内部統制

昨日の夜は、会社法務の勉強会に参加してきた。テーマは内部統制。会社法では大会社に対し内部統制を求めている。

で、昨日の勉強会で論点になったのは、「じゃあ、中小会社は内部統制をしなくてもいいのか」ということ。法律では特に定められていないが、どうなのだろうか。ちなみに、過去に参加した某法科大学院の先生のセミナーでは「中小会社も内部統制を構築することは可能」とだけ言われていた。

ここでポイントになるのは

①会社の大小に関わらず、取締役には監視義務がある。(最高裁の判例…だったと思う。)

②大会社は従業員を直接監視できないから内部統制の構築を義務付けられているが、中小会社でも従業員を直接監視できない場合はある。


となると、監視できそうにない場合は代表訴訟を起こされた場合のリスク管理として作っておいた方が無難か、という結論になった。ただし、「とりあえず作っておきました」といったなおざりのものでは逆にそこを突っ込まれるので、構築する場合はそれなりのものを作る必要があるだろう。

ちなみに、例えば中小会社にとって内部統制を構築するか、しないかは「経営判断」となる。経営者から相談された場合、弁護士はリスクの説明をして「残りは経営判断して下さい」となるらしい。経営判断の原則についても勉強しないとな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年4月20日月曜日

島谷ひとみ「PRIMA ROSA」購入

島谷ひとみのアルバム「PRIMA ROSA」を購入した。


島谷ひとみ(2007-03-07)
Amazonランキング:27234位












島谷ひとみと言えば、他人の曲のカバーばかり歌っているような言い方をされることがあるが、れは間違いで、むしろ彼女の本当の魅力はそれ以外の曲にあると思う。

とにかく歌が旨い。エイベックスで売れている女性歌手としては浜崎あゆみやら、えー…名前が出てこないが露出度の高さを売り文句にしている人が挙げられるが、その二人に決して引けをとらないと思う。ビジュアル的には文句なしに島谷ひとみの方が上。

「亜麻色の髪の乙女」が流行った頃に比べて、最近はCDが全く売れていないようだが、なかなかいい歌を出していると個人的には評価している。

今回のアルバムに収録されている中では…

01. Ramblin'
02. 君の声
04. Dragonfly
07. Destiny -太陽の花-
09. 恋水 -tears of love-
10. PASIO ~パッシオ

がお勧め。プロモーションのDVDも付いているので、そちらで確認してほしい。DVDも最高だ。

ちなみに、DVDの最後に収録されているライブの「カメリア」は歌詞を一箇所間違えていることに気づいた。見過ぎか…。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年4月16日木曜日

原 泰久の「キングダム」が面白い












以前、「漫画を読むサラリーマンを見ると寒気がする」などと書いたが、最近「キングダム」という漫画にハマっている。これだけ面白いと思えた漫画は、最近では「皇国の守護者」以来だ。一気に13巻まで買ってしまった。

中国の歴史が元になっているのだが、中心人物「信」と「政」はもちろん、河了貂(かりょうてん)や王騎(おうき)、そして羌瘣(きょうかい)といった魅力的なキャラクターが物語に色を加えており、一気に引き込まれてしまった。

天下の大将軍を目指す「信」が戦闘を重ねる毎に強くなり、周りの人間たちに影響されがなら成長していく。13巻は、突如として現れた敵の大将「龐煖(ほうけん)」に、信があっさりやられて、羌瘣が本気モードになったところで終了した。早く続きが読みたい。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年4月15日水曜日

人生考え中

今日は、会社でリクルート学生対象の社内セミナーがあり、若手社員として学生からの質疑応答を受けてきた。

そして、とある質問に答えられない自分がいたことに驚いた。

 

「この会社を志望した理由はなんですか」

 

・・・。



 

そういえば、僕は、なんでこの会社に入ったんだったけ・・・。

 
僕が今の会社の面接を受けた際は、明確な志望動機を語ったんだと思う。しかし、やはりその時に無理矢理考えた志望動機だったからか、もしくは現在の仕事をするうちに、忘れてしまったのか。なぜ自分が今の仕事をしているのかわからなかった。

突き詰めていくと、いかに自分が適当に就職活動をしていたのかということだ。今頃になって気付いた。どおりで、大手から最終面接で落とされまくったはずだ。その場で適当に考えたような志望動機なんて、厳しい社会で揉まれた役員クラスの人間から見れば簡単に見破れてしまう。

転職するにしても、一体なんのため?お金のため?それに答えられなければ、転職なんてできるはずがない。

「社会人になってからも人生考え中だったから、海外のMBAを受けた」ととある本(ゼロからのMBA)で読んだことがある。海外に出て大きな視野で見れば、人生の選択肢が開けるということか。しかし、海外MBAはハードル高いなぁ…。

それにしても、今日のセミナーに参加していた学生たちはやる気がなかった。まだ女性陣はやる気を感じたが、男には全く感じなかった。数人のグループでの質問の時間に無言の人間が結構いたのには驚いた。志望度が低いからか、それとも就活をなめているのか。

とにかく、今日は考えさせられる一日だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年4月6日月曜日

企業と会社

会社法を勉強していて知ったのだが、どうも企業と会社とは別物らしい。

商法の中に会社法が存在するが、

「商法とは企業に関するルール」

「会社法とは会社に関するルール」

というのを読んで、企業と会社ってイコールじゃないの?と疑問に感じた。そして、企業と会社について調べてみたところ

企業とは、経済活動を行い利潤を追求するもの

会社とは、法人格を与えられた組織のこと

と書かれてあった。つまり

企業=会社

ではなく

「企業の中に会社が存在」

するわけだったのだ。

確かに「個人企業」という言葉はよく聞くが、「個人会社」とは聞かない(ような気がする)。「会社」に勤めて数年が経つというのに、こんな初歩的なことも知らずに生きていたとは恥ずかしい限りだ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年4月4日土曜日

障害犬タローの毎日



珍しく、漫画でもビジネス書でもない本「障害犬タローの毎日」を読んだ。

たまたま、本屋で手に取ったのがきっかけで、最初の3ページの写真を見て、ものすごい衝撃を受けた。主人公の犬は4本の足(つまり全部)がないのだ。それでも、周りの人間に支えられながら、楽しく(?)生きているタローの姿に素直に感動してしまった。

僕も犬を家で飼っていて、その愛犬とタローの姿が被って、なぜか泣けてきて・・・。もっと自分の愛犬に愛情を注いでやらないといけないなと思った。犬を飼っている、もしくは飼っていた人にはお勧めである。

このエントリーをはてなブックマークに追加